久しぶりのブログ更新となってしまいました・・・

最近、というか毎年2月からこの時期にかけてソーラーで動くタイプの時計をお持ちの方

img_eco_06


(シチズンさんだとエコ・ドライブやソーラーテック機能、その他メーカーだとソーラーと記載されているモデル)が、

「時計が止まってしまった」、「電池交換してくれ」とお持ちいただくことが、

かなりの頻度であります

搭載されているムーブメント(機械)によりますが、フル充電時から真っ暗で光が当たらないところに

置いておいても最低でも6ヶ月間(多分一番短くても・・・)は駆動するという事になっているはずですですが・・・・・・・

なのに、なぜだと思われる方もいると思いますが、

皆さん、冬場は長袖を着てさらにコートも着ていますよね。

そのため、どうしても袖に隠れてしまって文字盤に光が当たらない状態が持続的に基本的に充電が足りてないんですよ・・・

冬場はできれば1か月に1回は太陽の光に充ててあげてください。

太陽の光-300x209
 
秒針の動き方が2秒や5秒とびは電池がそろそろなくなりますよの合図です 

それと、ご本人様もソーラータイプの時計と忘れて時計店に持っていって、

さらにお店側も確認しないまま、電池交換すると大変なことになりますので、

よくよく確認してみてくださいね